京都若者議会とは

京都若者議会とは

京都若者議会は若者の声をカタチにし、行政の行う各政策へと反映・活かすことができるように活動しています。各自治体で取り組まれているユースカウンシル事業(「新城市若者議会」や「遊佐町少年議会」など)を参考とし、議会形式で開催しています。年に1回2日間の開催で政策提言の作成・手交で実施しています。主催・運営は京都若者議会運営委員会(30歳以下のメンバーで構成)が行っているため行政の事業ではございませんが、「学生のまち、京都」で若者の声も輝くまちづくり政策ができる仕組みづくりへとつながるよう、行政をはじめ様々な団体と協調しながら前に進んでいきます。

開催目的

京都若者議会の流れ

第1回 京都若者議会【活動報告】

2023年10月21日(土)@東山青少年活動センター

ポストイットを活用して、各政策チームで政策提言を作成しました。

この時点では、自分が所属している政策チーム以外の政策提言の内容は分かりません。
次の日の旧議場で行われる政策提言の採択のときにはじめて他の政策チームの政策提言を知り、検討します。

教育政策チーム

環境政策チーム

観光政策チーム

2023年10月22日(日)@京都府庁旧議場

21日に作成した政策提言の説明を各政策チームごとに行い質疑応答。その後、採択へとうつり全会一致で可決しました。

希望する若者議会議員による演説も実施しました。
演説テーマは「理想とする京都」。

政策提言の手交 @京都府庁

完成した環境・教育・観光の三つの政策から構成される政策提言を京都府に提出しました。
(2024年2月22日)

メディア掲載

J:COM「ジモトトピックス」

放送日時:10月28日~11月3日
放送エリア:京都市、向日市、長岡京市、大山崎町